スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新巻ゲット♪
2006年09月18日 (月) | 編集 |
本屋さんに行ってみたら・・・
近日発売となってた京極夏彦の「陰摩羅鬼の瑕」分冊文庫版が出てるじゃないですか!!
陰摩羅鬼の瑕

分冊文庫版 陰摩羅鬼の瑕(上)(中)(下)

即ゲット~。上中下巻一気買い。普通の文庫版も一緒に出てるんですけどね、この人の本は分厚すぎて読みにくい(涙)ので、少々高くつきますが、分冊文庫版を買ってるんです・・・はい。
読むのが楽しみ♪

その後、フラフラ~っとしてると、NANA最新巻発見!!
NANA16巻

NANA (16)

もう出てたんだ~、知らなかった。もちろんゲット。
そろそろ終わりに近づいてるのかしら?どうなるんでしょうねぇ。
最近、どうも話の内容が暗くなってきてませんか?ハッピーエンドで終わって欲しいなぁ。
読書
2006年06月25日 (日) | 編集 |
前から読みたかった「嫌われ松子の一生」を図書館で借りました。
読み出したら止まらない!2日で読みました。
何をしても一度は成功するのに、自分からどんどん悪い方向へ行ってしまう・・・まっすぐすぎる松子がとっても魅力的でした。ただ好きになる男が悪すぎるよなぁ。映画はどんな感じになってるんでしょう?ちょっと見てみたい気がします。
松子を返しに行ったついでに次の本を借りてきました。
重松清さんの「流星ワゴン」と横山秀夫さんの「クライマーズ・ハイ」です。重松さんの本は読んだことないので、どんな感じなのか楽しみです。
三谷さんの本
2006年05月31日 (水) | 編集 |
この前図書館で借りた本を読み終わったので、次の本を借りようと思い、昼から図書館へ行ってきました。
お目当ては「嫌われ松子の一生」でしたが・・・貸出中になってました。やっぱり映画が公開されたからかなぁ。うう、ショック。
なんか面白い本ないかなぁ?と物色してたら、ありました♪
三谷幸喜さんの「三谷幸喜のありふれた生活 4 冷や汗の向こう側
冷や汗の向こう側

これシリーズになってて1からずっと読んでるんだけど、とっても面白いです。朝日新聞に載ってるエッセイで、ウチは朝日取ってるんだけどうっかり読み忘れてしまうのよね(^◇^;)
寝る前に1個ずつ読むのに最適かと・・・。
図書館
2006年05月23日 (火) | 編集 |
今日は久々に地元の図書館へ行ってきました。
合併して以来初めて行ったんだけど・・・雑誌の数が減ってませんか??
ネットの蔵書検索も合併前の方が分かりやすかったし・・・。なんだかねぇって感じ。
さてさて、いま話題の「ダヴィンチコード」ですが、もちろん貸出中でした。しかも予約待ち状態みたい。ほとぼりさめたら読もう、かな?
たまには読んだことないような人の本を読めばいいのに、結局今まで読んだことある人の本を借りてしまうのよね。
今日は宮部みゆきの「誰か」という本を借りました。「嫌われ松子の一生」と悩んだけど、宮部さんの読んでから松子借りようっと。
時間はたっぷりあるので(^_^)
京極堂シリーズ
2006年04月23日 (日) | 編集 |
ここ2週間、読書に夢中です。
京極夏彦氏の「鉄鼠の檻(てっそのおり)」分冊文庫版全4巻を読み終え、今は「絡新婦の理(じょろうぐものことわり)」を読んでます。
これまた分冊文庫版で全4巻(@_@)ですが、面白い!!
今日まで書道展のお手伝いに行ってたんだけど、お手伝いといっても控え室のお茶出し。お客様が来られない限り何もする事がないので、せっせと本を読んでました。今はまだ2巻の途中ですが、先がとっても気になるぅぅぅ。
明日はまた別口でお留守番に行かないといけないので、その間に続き読むぞ~。
のだめカンタービレ
2006年01月13日 (金) | 編集 |
私は今、2つのマンガを集めてます。
「NANA」と「のだめカンタービレ」です。でも最近のNANAはなんか話が暗い感じがして・・・最初の頃は面白かったのにな。どうもハッピーエンドが期待できない気がする、うん(・・)(。。)
今日はもうひとつのマンガ、のだめ14巻の発売日♪このマンガはめちゃくちゃ面白い!!主人とふたりで大好きです。何回読んでも笑える。友達に貸したらとっても気に入ってくれて「どこであんな面白いマンガ知ったん?」と聞かれたくらいです。
さてさて、この「のだめ」14巻、通常版と限定版があって限定版はしおり&しおりコレクションファイル付きなんです。でもこの限定版はどうやら予約してないと手に入りにくい、とネット(mixi)で話題になってました。そんな限定版を主人が探し出して、買ってきてくれました。わーい\(^o^)/♪
しおりファイル

これ↑がしおりファイル。マングースの絵がラブリーです。
今度、6月発売の15巻は、このマングースのマスコットが付いた予約受注生産の限定版が出ます。これは、買うかどうか分からないけど・・・
お腹を押すとマングースが鳴くらしいデスよ。
「終戦のローレライ」
2005年03月10日 (木) | 編集 |
「終戦のローレライ」読みました。
たまたま図書館に行ったときに目についたので「映画にもなるし、借りてみようかな~」という軽いノリで借りた本でした。しかも戦争モノは苦手だし、ページ数はすごいし、正直読めるかなぁと不安でした。が、
やられた!!もう夢中。
先が気になるけど、読み終えちゃうのは寂しい、そう思える本に出会えたのはホントに久しぶり。
(戦争だから残酷な話とかも出てきて、ゾッとしたこともあったけど)
泣きながら何回も読み直しました。みんなかっこよすぎです。
それから「椰子の実」の歌。歌詞が心に染みます。中学の音楽の時間に歌ったのを思い出しました。きれいなメロディが好きだったな。
本当に読んで良かった!
映画の「ローレライ」も観てみたいな。でもサイトの登場人物見たら、フリッツ出てないんですね。私フリッツが一番好きだったのに、残念。

終戦のローレライ 上終戦のローレライ 下


終戦のローレライ 上 / 終戦のローレライ 下
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。