スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燃えよ剣
2007年08月14日 (火) | 編集 |
この前から読んでた司馬遼太郎の「燃えよ剣」上下巻
読み終えました。
主役は新撰組副長、土方歳三です。
そもそもなんで今更、新撰組の本を読んだかというと、
私の好きな役者さん(最近好きになった)が、大河ドラマに出てたから
ちょっと興味を持って・・・というきわめてミーハーな理由でした。
(ちなみに山南敬助役の堺雅人さんなんですけど
私は日本史が好きだったんだけど、幕末の尊皇攘夷ってのがあんまりよく分かってなくて。
でもこれ読んで官軍とか朝敵とか分かるようになりましたよ(^^)v
今ちょっと幕末通かも?

で、本の感想ですが・・・
いやぁ、すっごく良かった!
初めは面白くて夢中で読んでたけど、新撰組が最後にどうなるかってことは知ってるから、下巻の終わりの方は、なんか悲しくて読むペースが遅くなってしまいました。

この本を読んでる何日間か、私は確実に土方歳三に恋をしてたと思います。
「漢(おとこ)」だなぁって。めっちゃかっこよかった( ´艸`)
京都時代の土方はあんまり好きじゃなかったけどね。
鬼の副長だったし、厳しい規則を作って隊員を殺したり、結構酷いことしてたから。
でも、下巻に入ってからの土方はかっこよかった!
滅びの美学とでも言うんでしょうか?潔い死に方というか・・・ね。

何年か前に函館の五稜郭に行ったことあるんですけど、
これを読んでまた行きたくなりました。
今度行ったら、前とは違った見方が出来るんじゃないかな。
あと京都にゆかりの地巡りに行きたいなぁ・・・と。
マイミクさんに自称新撰組ヲタの方がいらっしゃるので、今度のテーマは「新撰組」で会おう!ということになりました。
今から楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。