スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本の虫 続き
2007年04月13日 (金) | 編集 |
お待たせ~(?)続きです。

地下鉄(メトロ)に乗って―特別版」浅田次郎
読む前の勝手な想像で、幸せなファンタジー物かと思ってのに違ってた(__;)
悲しい終わりでした。でも過去って変えていいの??と思ったんですが・・・

中原の虹 第一巻
中原の虹 第二巻」浅田次郎
これこれ!すっごく読みたかったの♪予約して借りました。
学生時代に読んだ「蒼穹の昴」(上・下巻)の続きみたいな感じのお話。この「蒼穹の昴」は今まで読んだ本の中でもベスト3に入るくらい、面白かった!!夢中になって読みました。簡単なあらすじは、場所は中国、清王朝。貧しい農民の子が宦官になって西太后に仕えて、出世するという話でした。(簡単すぎる・・・汗)すごい好きだったから「中原の虹」を読みたくてウズウズしてました。てっきり2巻で終わりだと思ってたのに、3巻に続くって。
「あれ~、図書館の蔵書検索しても3巻なんて無いよ?」と思い、ネットで調べてみると・・・
全4巻らしい(^_^; しかも3巻は5月中旬発売って、そんなぁぁぁ。
全部揃ってから読めば良かった。続きが気になって仕方ない。
西太后って、名高い悪女だけど、この話読んだらイメージが全然違うのにびっくりでした。本当はどうだったのかなぁ~。
それにしても、現役を退いて久しいので、歴史上の人物がどんな事をした人かすっかり忘れちゃってるよ(x_x)名前は覚えてるんだけどね~。
もしこれで興味を持たれて「読んでみようかな~」なんて思われた方は、ぜひ「蒼穹の昴」から読んでください。文庫化されてますよ。
って、私は回し者か・・・(^◇^;)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。