スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ローレライ」観ました!!
2005年03月21日 (月) | 編集 |
昨日、「ローレライ」を観に行きました。
先に原作を読んでいたので、一体映画ではどんな感じになってるんだろう?と楽しみな反面、戦争映画だし、いっぱい残酷なシーンが出てきたらイヤだな、という気持ちもありました。でもそういう場面は無くて良かった~と思いました。
で、観た感想は、あれだけの長編を映画にまとめるのは大変だったんだろうなぁと思いました。細かい説明とかを省略してあったので、ちょっと解りにくい所もあったかも。原作に出てる人が映画には出てなかったりとか。映画も観て、原作も読んでっていうのが良いと思います。
結末とか読んだから知ってたけど、泣いてしまいました。途中からずっとハンカチが手放せませんでした。
出てる役者さんがみんなかっこいい!!役所さん、ステキすぎです。艦長~(涙)
映画の帰りに、本屋さんに寄って「終戦のローレライ」の文庫版を買ってしまいました。(前に読んだのは図書館で借りたモノだったので)
読み直しても、また泣くんだろうなぁ・・・


 「終戦のローレライ (1)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゆーさん、「ローレライ」観ましたよ。原作を読んでいないと、ちょっと感情移入がしにくいかも知れませんね。
2005/03/23(Wed) 23:27 | URL  | ぽうせ #-[ 編集]
そうですね。
原作の大切な部分がかなりカットされてるような気がするから、誰にも感情移入が出来ないような感じでしたね。
2005/03/24(Thu) 18:15 | URL  | ゆー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昨日は、映画「ローレライ」を見てきた。 賛否両論あると聞いていたけれど、個人的には本格的な戦争映画ではなくてよかった。 嫁さんは小説を読んでから見たので、途中泣きそうになったとの事。 小説を読んだ方がわかりやすいと言っていた。 『終戦のローレライ 上 / 終戦
2005/03/21(Mon) 23:30:19 |  悲喜こもごも
多分、この映画のブログを書く人は同じことを書くと思う。でも、あえて書く。作者の福井氏が唱えるように、“ガンダム”の影響を受けている。そして、“宇宙戦艦ヤマト”みたいだ。絹見真一(役所広司)はブライト(すこし違うけど)。折笠征人(妻夫木聡)はアムロ。  “
2005/03/21(Mon) 23:58:05 |  うぞきあ の場
第14回★★★★(劇場) エンドロールが始まると、招待客の多くはそそくさと帰り始めた。試写会に応募し参加した人達。恐らく彼らは映画が好きだからこそ会場に足を運んだはずだ。 アート系作品を映画館で見ると気がつくことがある。観客はエンドロールが終
2005/03/22(Tue) 08:58:10 |  まつさんの映画伝道師
映画「ローレライ」を観た。 映画は映画、原作は原作と思いつつ、ちょっとその違いに
2005/03/23(Wed) 23:28:38 |  生活の柄的ブログ
映画「ローレライ」を見てきました。結論から言うと「めちゃカッコイイ!」映画です。
2005/03/24(Thu) 00:36:49 |  prototypeシネマレビュー
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。●ストーリー1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤 真一)は、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を
2005/08/26(Fri) 12:28:47 |  Rohi-ta_site.com
ローレライ はまりますた。この手の映画、大好きです。 この映画のこと、どんな映画なのか、全く知らずに見ました。トレーラー、ちょっと見ただけ。他の方のブログも、読んでいませんでした。 何で、この時期に、戦争映画?? そ
2005/08/27(Sat) 18:03:20 |  猫姫じゃ
原作とはだいぶ違うものの,見応えがあって最後まで楽しい冒険活劇反戦映画!
2005/09/03(Sat) 11:10:36 |  Akira's VOICE
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(69) ローレライローレライを観た。以前、亡国のイージスの映画評を書いたときに、たくさんの方から「ローレライの方が良かった」というコメントをいただき、ずっと気になっていたが、ようやく...
2005/10/29(Sat) 13:41:24 |  ヒューマン=ブラック・ボックス
気鋭の人気ミステリ作家福井晴敏と、平成『ガメラ』で名を馳せた樋口真嗣監督が、強力タッグを組んで放つ壮大なスケールの潜水艦アクション巨編!! ということで、今回はいつになく激しくネタバレで行きます。 でも、これ読んでから観てもガッカリすることはないと思
2005/11/27(Sun) 23:16:51 |  ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。