スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読まなきゃ
2008年08月07日 (木) | 編集 |
お友達に本を貸してもらいました。

SH350003.jpg
いまさらですが、東野圭吾「ガリレオ」シリーズ、となぜか京極夏彦。
友達はコレを読んで京極さんにちょっとはまったみたいなので、私の持ってる京極堂シリーズを貸し出し中。
面白い、とメールをいただきました。

私は・・・・
こんなに貸してもらってるのに、まだ全然読んでない
今読んでる本が全然進まなくってぇ(ちなみに司馬先生の「竜馬が行く5巻」)
暑いお盆休みにでも、エアコンのきいたお部屋でゆっくりと読書なんていいかもね。
スポンサーサイト
はまりすぎ?
2007年09月22日 (土) | 編集 |
本屋さんを3軒もハシゴしてゲットしました。
しかも最後の1冊!
メイキングブック

「花ざかりの君たちへ」のメイキングブックです( ´艸`)
中身はイケメンくんたち満載です♪
待ってました♪
2007年08月30日 (木) | 編集 |
図書館から電話があり、予約してた本が返却されたとの事。
わ~い゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+
早速取りに行ってきました。
予約してたのは
浅田次郎「中原の虹 第3巻」
です。ついでに同じく浅田次郎さんの「輪違屋糸里」を借りてきました。
「中原の虹」は1,2巻を読んでからだいぶん?経ってるので、話をちゃんと覚えてるかどうか不安デス。
なんせ、登場人物が多いので(;^_^A
「輪違屋糸里」は新撰組関係のお話です。
ちなみにもうすぐスペシャルドラマとして放送されるみたいですよ。
ココ↓「輪違屋糸里~女たちの新撰組」
土方が伊藤英明!?なんかイメージ違う・・・
関ジャニの丸山くんが沖田総司なのね。
私の中ではイメージは藤原竜也くんのままです(大河のせいで)
あ、でも「壬生義士伝」で堺雅人が演じた沖田は、ブラックで素敵でした(*^o^*)
燃えよ剣
2007年08月14日 (火) | 編集 |
この前から読んでた司馬遼太郎の「燃えよ剣」上下巻
読み終えました。
主役は新撰組副長、土方歳三です。
そもそもなんで今更、新撰組の本を読んだかというと、
私の好きな役者さん(最近好きになった)が、大河ドラマに出てたから
ちょっと興味を持って・・・というきわめてミーハーな理由でした。
(ちなみに山南敬助役の堺雅人さんなんですけど
私は日本史が好きだったんだけど、幕末の尊皇攘夷ってのがあんまりよく分かってなくて。
でもこれ読んで官軍とか朝敵とか分かるようになりましたよ(^^)v
今ちょっと幕末通かも?

で、本の感想ですが・・・
いやぁ、すっごく良かった!
初めは面白くて夢中で読んでたけど、新撰組が最後にどうなるかってことは知ってるから、下巻の終わりの方は、なんか悲しくて読むペースが遅くなってしまいました。

この本を読んでる何日間か、私は確実に土方歳三に恋をしてたと思います。
「漢(おとこ)」だなぁって。めっちゃかっこよかった( ´艸`)
京都時代の土方はあんまり好きじゃなかったけどね。
鬼の副長だったし、厳しい規則を作って隊員を殺したり、結構酷いことしてたから。
でも、下巻に入ってからの土方はかっこよかった!
滅びの美学とでも言うんでしょうか?潔い死に方というか・・・ね。

何年か前に函館の五稜郭に行ったことあるんですけど、
これを読んでまた行きたくなりました。
今度行ったら、前とは違った見方が出来るんじゃないかな。
あと京都にゆかりの地巡りに行きたいなぁ・・・と。
マイミクさんに自称新撰組ヲタの方がいらっしゃるので、今度のテーマは「新撰組」で会おう!ということになりました。
今から楽しみです。
限定版
2007年06月13日 (水) | 編集 |
のだめ18巻ゲットしました~。
実は発売するって知らなくて、お昼休み中のダンナから
「のだめ出てるで」
という電話をもらって知りました。
しかも、限定版と普通版があるらしい。
そりゃぁ、限定版でしょう!(ちょっと悩んだけど・汗)
ということで買いに行きました。
のだめ18巻

プリリンのマスコット付きで、お値段1100円。
た、高いぞ!!
このマスコット、このままシリーズ化するのかなぁ
と、ダンナと話しました。
じゃあ、カズオのマスコットが欲しいな~。
本の虫 続き
2007年04月13日 (金) | 編集 |
お待たせ~(?)続きです。

地下鉄(メトロ)に乗って―特別版」浅田次郎
読む前の勝手な想像で、幸せなファンタジー物かと思ってのに違ってた(__;)
悲しい終わりでした。でも過去って変えていいの??と思ったんですが・・・

中原の虹 第一巻
中原の虹 第二巻」浅田次郎
これこれ!すっごく読みたかったの♪予約して借りました。
学生時代に読んだ「蒼穹の昴」(上・下巻)の続きみたいな感じのお話。この「蒼穹の昴」は今まで読んだ本の中でもベスト3に入るくらい、面白かった!!夢中になって読みました。簡単なあらすじは、場所は中国、清王朝。貧しい農民の子が宦官になって西太后に仕えて、出世するという話でした。(簡単すぎる・・・汗)すごい好きだったから「中原の虹」を読みたくてウズウズしてました。てっきり2巻で終わりだと思ってたのに、3巻に続くって。
「あれ~、図書館の蔵書検索しても3巻なんて無いよ?」と思い、ネットで調べてみると・・・
全4巻らしい(^_^; しかも3巻は5月中旬発売って、そんなぁぁぁ。
全部揃ってから読めば良かった。続きが気になって仕方ない。
西太后って、名高い悪女だけど、この話読んだらイメージが全然違うのにびっくりでした。本当はどうだったのかなぁ~。
それにしても、現役を退いて久しいので、歴史上の人物がどんな事をした人かすっかり忘れちゃってるよ(x_x)名前は覚えてるんだけどね~。
もしこれで興味を持たれて「読んでみようかな~」なんて思われた方は、ぜひ「蒼穹の昴」から読んでください。文庫化されてますよ。
って、私は回し者か・・・(^◇^;)
本の虫
2007年04月10日 (火) | 編集 |
・・・とまではいきませんが、最近結構本を読んでます。
長い間活字から離れてたけど、読み出すとやっぱりいいですよね。
読んだ本をちょっと紹介~

邪魅の雫」京極夏彦
私の好きな京極堂シリーズ。面白かったです、けど主役の京極堂の活躍が少なくて残念。榎さんは相変わらずネ申☆で素敵(。-_-。)
私は文庫で揃えてるので、早く文庫化してほしいデス。

幻夜」東野圭吾
この人の本って初めて読みました。分厚かったけど、読みやすかったです。「白夜行」を読んでからの方が良かったのかな?
読んでて宮部みゆきの「火車」を思い出してしまったんですけど・・・
悪女とはこういうもんだ!!と思わせる話でした。終わり方が納得いかないよ?

ナラタージュ」島本理生
泣けました。切ない話でした。最近涙もろくてねぇ(年のせいかしら?)
これを書いたのが'83生まれの作家なんて・・・若いのにすごい!!
最近は若い作家さんが活躍されてますよね。
この本を読んでほかの作品も読んでみたいな~と思ったので、今「リトル・バイ・リトル」と「生まれる森」という本を借りてます。
まだ読んでない・・・(^◇^;)

続きはまた明日~。待っててね♪(え?待ってないって?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。